>

ピカピカキープにはどうしたらいいか

汚れをためておかないことが大事

水周りに限らず、お掃除全般、はては物事の全般に言えることですが、面倒なことはためておかない・後回しにしないということが大事です。
綺麗を保つには汚れをためておくことはご法度です。
水周りはとくに、放っておくとこびりついて落ちにくい頑固な汚れになりやすいところです。もっともためておいてはいけない汚れです。水アカ、尿石など、汚れとともに臭いやばい菌も発生することがあり、気分も悪いものです。
これを防ぐには、こまめな掃除が必要になってきます。
毎日はしんどい、という人も多いでしょうが、少しずつ行うことで負担を分散させます。
さっと一拭きといった動作ならなんとか継続できるでしょう。
頑固な汚れになる前なら簡単な掃除ですぐに綺麗になるものです。

余計なものの処分で掃除の習慣化

整理整頓は綺麗を保つのに重要な一要素です。
物がごちゃごちゃ置いてあるだけで汚いともいえますが、水周りに関しては掃除のしやすさに直結するものです。いらないものを処分し、必要なものだけを置いておくことで掃除もだいぶん楽になります。
楽になると掃除自体が習慣化します。
習慣化すると苦にならないので、毎日の出来事が長く続くのですね。
余計なものの処分は、この良い循環になるまでの工夫です。

キッチンやお風呂などはどうしても、何かと物が増えがちになります。
断捨離とまではいきませんが、一回捨てることを断行してみましょう。
代わりに掃除グッズを少しそろえておきます。
掃除グッズもかわいいものから便利なものまで色々なので、楽しみながら集めて活用すると良いでしょう。


この記事をシェアする